ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS エアスプリング装着/キャンカー・ATOM号

<<   作成日時 : 2014/04/23 22:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

突然ながら、AIR LIFT社のエアーサスをmyニューキャンカー(中古!)に取り付けた。eBayにて落札したスプリング+自作サポートブラケットにて対処。時間と労力がメチャ掛かったが、安価・しかも結果に大満足。

My”ATOM”のベース車両はディスコン・ライトエース1800。ベース車両が同じで、架装のみ異なるが、エアーサス装着例がネット上で幾つか紹介されている。代表例⇒OUTDOOR Jr・http://homepage3.nifty.com/nasmac/

経過は、中古の草臥れかかったATOMを購入したところから。購入後の先月、千葉から埼玉へ戻る途中の頼りない足回りに、試乗せず決めた後悔と、新しいDIYテーマとの出会いかなどと、やや複雑な心境で帰宅。そのまま駐車場へ留め置き、即アメリカのオークションに参加。一か八かで落札した「スプリングと無線式コントローラ、コンプレッサーなど一式」9万円の費用を払い10日ほどで入手できた。ところが付属していた肝心のブラケット(5.5mm厚のアッパーのみ)は車両に合わず、これまた自作するハメに。この間、友人Kさんにブラケット製作のお手伝いや、錆びたATOMの装飾品・再メッキなどたいへんお世話になった。持つべきものは友達だね〜。

クルマの下に潜って作業すること3日間。リアー・左右独立コントロール式のスプリングが何とか収まった。

AIRLIFTマニュアルでは、24時間経過後のエアー漏れが2〜4psi(13.8〜27.6kPa)なら合格と。実際、24時間後のリークは ”0”に近く、上手くジョイントできた証拠。(笑)

補助タンクを付ける予定だったが、始終アップダウンする必要は無いので、都度コンプレッサーを作動させれば、立ちどころに圧を上げてくれるから、暫く様子を見て決めることにしようと思う。スペースは確保済みだ。(汗)

無線式の利点は、運転室への配線・配管が不要、外部にリモコンを持ち出し様子を見ながらチェック可能。液晶表示による圧・指示値直読など。日本で輸入ものを調達するとコンプレッサー一式(スプリング無し)と合わせ13万円以上(工事など全て込にて25万円)するが、直輸入したのでコンプレッサーとリモコンで6万円程で済んだ。

ブラケット(アッパー)の材厚は5mm、ライトエースのフレーム厚は3mm。流石にクルマのフレームだけあって、硬いスチールだったから、下孔を開けるだけでも姿勢が窮屈なだけに苦労。更に左フレーム内に電線の配管が走り、それを知らずに開けていたら、・・・とヒヤリ。(汗)

コンプレッサーおよびコントローラ一式は右下のトランク内に収容し、空気口(ガソリンフイルター流用)を設けた。これで、機械はクリーンな環境で長持ちしてくれるだろう。

インフレーションバルブも同居。コンプレッサー不動作などの緊急時、ガソリンスタンドに寄ってこのバルブを使い、エアーを注入できる。

さて、エアーサスとは言いながら、採用目的は飽く迄もリーフスプリングの補助。車検も、構造変更していないため不問。しかし、「装着・前後」で劇的な変化を経験できたことは大いに感激。

空気バネの特徴は、機械式スプリングと異なり、圧縮時に強く作用するから、所謂”底付”が起きないこと、更に足許が格段に強化される結果、瞬間的な挙動の不安定さが無くなること。カーブとか、不正路を走行してみると、正しく通常の乗用車並みか、それ以上の性能をこの草臥れたキャンカーが発揮してくれるから、も〜堪りません。(笑)リアーに乗車した人が”クルマ酔い続出”という悲劇とも無縁になったと思う。これだけは未経験なので・・・。(汗)

キャンカーにとって更なるメリットは、駐車中エアー圧を上げておけば、妙な揺れを防止できること。所謂揺れ止めが無くても過ごせそう。さらに傾斜面に駐車を余儀なくされた場合、左右どちらか持ち上げて水平に保つことができること。リモコンのメモリー(2位置対応)機能で走行時圧力に直ちに戻せるので、この面でも無線式の長所を享受できる。通常の有線(機械式・電気式)コントローラではこうは巧くいかないと思う。

My ATOMはそのほかに、キーレスエントリー、オーディオ&NAVI、ETC、ドライブカメラ、バックモニター、全照明器具のLED化などなど置換・交換してきたが、当たり前の作業なので割愛。(汗)


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


ロゴシール・AIR LIFTを貼った。今回チョイスしたスリーブは該社・
Sleeve4.0・P/N58430(858kg/1本)。オークションに無かったが
Sleeve4.5・P/N58487(1065kg/1本)がベターと思う。(ご参考まで)
画像

ご覧頂きありがとうございます。ブログランキング参加中です。閉じる前にプチッと押して下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
やっと 姿を表しましたネ〜。
のっぽ
2014/04/24 08:43
何時の間に!(笑)補助で使うなら十分な要領ですね。左右別コントロールも流石です。タンクを付ければふなっしーの背伸びのような動きが出来ますが、必要ありませんね。
Yutaka
2014/04/24 09:06
済みません。容量です。
Yutaka
2014/04/24 20:26
のっぽさん、
苦労してます。(汗)
Yutakaさん、
一般道・30〜40、高速道・50PSI位がよいかもです。50PSI程度なら1.5t/個持つようです。ピョコピョコさせないので、タンクは不要みたいです。(笑)
よっしー
2014/04/24 22:58
よっしーさんお一人で二台を操るんですね〜⭐

新アトムくんのデビューはやっぱり北海道ですか?
zeus mom
2014/04/25 14:17
zeus momさん、
操られています。今秋北海道でデビューです。来月は四国・九州方面へ軽キャンで行ってきます。(汗)
よっしー
2014/04/25 15:11
新たな相棒はATOM君ですか。よっしーさんの手にかかるとATOM君も理想的なキャンカーになるでしょうね。今後のインプレ楽しみにしています。
yona
2014/04/27 22:18
今後の予定は夏からの稼働に向けて、軽キャンから移植予定のパーツのみです。それまでに軽シェル売却できれば、新しくソーラーパネルなどの調達が・・・。(汗)
よっしー
2014/04/27 23:25
凄いですね、DIYでよくぞここまで!感心します。

むかし、たしか、トヨタのクラウンだったか?が一時期エアサス仕様が注目されましたが、何時の間にか消滅し、現在大型バス等に良く採用されていますね。
007
2014/05/04 03:49
勢いでやってしまいました。(汗)
クラウンなどの中古パーツがあるらしいです。確かめたわけではありませんが、この手の中古は使い物にならない”草臥れ”部品があるので、気を付けるべきでしょうね。
よっしー
2014/05/04 11:09
はじめまして
私もエアサスをとググっていたら、こちらの記事にたどり着きました。
私の車は、旧カムロードの標準トレッドのため、大きなAir spring の取り付けは困難でAir lift社のRide Controlをと考えていたので大変参考になります。
恐れ入りますが、設置につてご教授願います。
取付要領を読むと、取付時は空荷での車軸高さを基準に上のブラケットを取り付けるようになっていますが、実際の作業はどのようにされたのでしょうか?ボディーをリフトアップすると車軸が下がり過ぎてしまう様にも思いますが。
もし、差支えなければ私のブログコメント欄にでも記載していただくと助かりますが。
初めてのコメントに大変失礼ですが。
よろしくお願いします。
レオじじい
URL
2014/06/03 15:52
本日午後九州から戻りました。コメントありがとうございます。後軸をジャッキアップし、エアースプリング取り付けのブラケット位置を決めました。車体をupすると、軸が下がりエアスプリングを伸ばした状態で取り付けることとなり、停車時の長さが、ニュートラルなスプリング長になるか見当がつかないでしょうね。以降、貴殿のブログにコメントさせていただきます。
よっしー
2014/06/04 21:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エアスプリング装着/キャンカー・ATOM号 ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる