ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS 中村修二さん、ノーベル賞・受賞おめでとうございます

<<   作成日時 : 2014/10/08 15:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

21年前、高輝度・青色発光ダイオードを製品化した徳島県の日亜化学工業にサンプル購入を申し入れたところ、「製品に是非採用してほしい」と、当時の東京営業所・担当者(創業者の孫)が大事そうに20本抱え、元・勤務先にやってきた。価格は月間1,000本で@450円という。

当時、製品の文字照明に関し我々が抱えていた問題は二つあった。
@パイロットランプ(所謂12V豆球)が断線しやすい。この寿命アップを自動車会社や一般ユーザーから強く求められていた。
Aフイラメントの発熱で樹脂部品が変形する。カラー化すると更なる輝度アップが必要で、益々発熱問題が起きる。

寿命の問題と発熱は簡単に解決できるが、コストが45倍もアップしては使いきれない。しかし、業界の先陣を切りたいなどと考え、「@250円!」を申し入れたところ、「宣伝費と考え共同でモノにしましょう!」と、当時の若社長(創業者の子息)が英断。我々も月間1000本以上使うために、商品の販売先に猛アピール。

「青色」のみでは製品の照明に使えないので、「白化」ダイオード開発を当時の研究者・中村さんに直訴したところ、「やっと青色ができたので、白はユーザー側で考えろ!」と、取り付くシマもない。徳島まで押し掛けたが面談すらできず、応対した幹部連中が「変わり者の中村なので勘弁してくれ」と平謝りされた。

対案として、該社の専門分野である「白反射用蛍光材料」の製作を依頼し、我々傘下の会社で、特殊印刷した反射紙を作り、大凡3か月後に青色を「白照明」に変えることに成功。実用新案特許を取得。1994年、世界初の青色LEDを使った製品(白照明バックプライト)となった。
その後、2000年夏、徳島の該社に先駆的・青色ユーザー3社(貢献者・3組の夫婦)が招かれ、工場視察(中村氏の研究現場も含む)と、阿波踊りに参加。(この時は夫婦で日亜連に加わり踊りあかした。(笑))

今回、彼等3名の受賞は誠に感慨深いものがあり、今日の世界的な省資源照明や記録技術の飛躍的発展に貢献した大発明は「お見事!!」
  備考:1999年、日亜化学工業において、青色レーザーダイオードの製品化が世界で初めてなされ、今日のブルーレイディスクの発展に大貢献。


自宅の照明は75%がLED、キャンカーシェルと山荘に
至っては100%!TVやパソコンのバックライトも。(^^)/
画像

ご覧頂きありがとうございます。ブログランキング参加中です。閉じる前にプチッと押して下さい。




【中古】 得する青色申告早わかり 実日ビジネス/中村節弥(著者) 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
中村節弥(著者)販売会社/発売会社:実業之日本社/ 発売年月日:2000/11/15JAN:9784

楽天市場 by 【中古】 得する青色申告早わかり 実日ビジネス/中村節弥(著者) 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】 青色申告 これ以上やさしく書けない / 中村 節弥 [単行本]【あす楽対応】
もったいない本舗 楽天市場店
著者:中村 節弥出版社:実業之日本社サイズ:単行本■通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではござ

楽天市場 by 【中古】 青色申告 これ以上やさしく書けない / 中村 節弥 [単行本]【あす楽対応】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
過去の出来事ながら、記憶に残る出来事でしょうね。
昔は今以上に、思い切って新しい事にチャレンジ出来て、自分でその成果を実感出来て、仕事が面白かったのを思い出す様な出来事ですね。
ノーベル賞本当に日本の誇りです。
レオじじい
2014/10/08 22:05
遅すぎたキライがありましたね。実用化された当時から、白熱灯や蛍光灯に取って替わるという大方の予想通りになりましたから。
よっしー
2014/10/08 22:18
よっしーさんには深い繋がりが有ったんですね〜
momにはノーベル賞を受賞されたと同じくらいびっくりです。
それと娘と息子夫婦が身を削って研究に明け暮れている毎日なのに余りにも研究者に冷たい日本の研究社会につくづく中村先生は良くやって下さったと拍手です! これが起爆剤になって研究者を見直してほしいです。
zeus mom
2014/10/09 16:06
中村さんは桁外れサラリーマンを超えた、一途な研究者でしたね。当時から変わらない彼の姿勢に敬服しますが、兎に角研究開発が好きなのですね。後からご褒美が着いてきたと言うか、勝ち取ったエネルギーも超人的です。一般に、日本の研究者は控えめですから、環境整備に尽力すべきでしょうね。
よっしー
2014/10/09 19:35
さしずめ、ヨッシーさんに当てはめるなら、飲〜めるしょうですね。アッ上様もそうですネ。
ノッポ
2014/10/09 21:17
ノーメル賞授与者はノッポさんだけだね。(笑)
よっしー
2014/10/09 22:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中村修二さん、ノーベル賞・受賞おめでとうございます ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる