ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS 膀胱癌(?)手術(その1)

<<   作成日時 : 2014/11/15 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

去る10月21日、前立腺肥大の診察を掛かりつけのT総合病院で受診。各種関連検査を受け、帰宅。この間所要が立て込み、次回診察は11月11日。手術選択は「ステント挿入」または「肥大部切除」。レーザーに依る前立腺内包切除はこの病院では対応していないので、T医大に紹介は可能とのことだった。

11月11日再診。エコーとCT検査結果はガンなど取り立てて異常なしとのこと。肉体的、年齢的な面を考慮し、ステント挿入術(2−4年に1回・要交換)を選択し、11月17日手術予約。

翌夕刻に担当医から緊急電話があり、膀胱内部のCT画像にガンの疑いを見つけたので、13日に再診とのこと。

13日、膀胱鏡(内視鏡)にて内部を観察結果、通常の膀胱癌と異なる隆起したコブ状肉塊(太さ2cm)が見つかった。泌尿器科担当部長もこれまで見たことこともない、非常に不思議な「隆起」とのこと。

膀胱癌は突起部がカリフラワーの様にザクザク割れているらしい。しかも、1個では無く、数個以上発見されるらしい。血尿や尿中癌細胞があるようだが、拙者はこれまで経験?していない。拙者の隆起は1個だけで丸い膨らみだ。画面を見せてもらったので間違いないし、予備知識のネットで見たものとは明らかに異なっていた。生まれつきなのかどうかも判らない。

細胞を観るためには、常用薬バイアスピリン(血液凝固防止・サラサラ用)を少なくとも1週間絶って、隆起部を切除しなければ出血が酷くなると。従い、今回は外観検査のみ。しかし、手術は必要とのこと。12月1日手術・仮決定。18日循環器内科受診と更なる検査(腹部エコー、心電図、採血、検尿、スパイロ・肺活量検査)、20日総合判定と入院日・手術日決定(予定)。

「法要どころでは無いでしょう!」と主治医に諭され、郷里で予定していた11月30日、12月6日・年忌法要(札幌の義弟と帯広の弟)欠席の連絡、エアー便と小旅行先のキャンセルなど慌しく。(涙)

本件は飽くまでも”個人的なトピックス”の一部であり、些細な経験が読者諸兄のご参考になればとの思いで掲載。


膀胱がんは深達度により、がんが粘膜から粘膜下層にとどまっている「表在性(筋層非浸潤性)がん」と筋層や結合組織に及んでいる「浸潤性がん」に大きく分けることができます(下図)。また、腫瘍組織の悪性度を通常3段階(Grade1〜Grade3)に分類。
出典先:北里大学医学部泌尿器科学教室・http://www.khp.kitasato-u.ac.jp/ska/Uro/index.html
画像


ご覧頂きありがとうございます。ブログランキング参加中です。閉じる前にプチッと押して下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
年の瀬も近くなって 急に慌ただしく成ってしまいましたネ。早く良くなるように願って居ます。とにかくお大事に、、
のっぽ
2014/11/15 16:39
ありがとうございます。百貨店状態です。命尽きるまで引きズルでしょうね。年越しは我が家で迎えたいです。(汗)
よっしー
2014/11/15 18:04
ガッツがあっていつも前向きなよっしーさんなので、きっと病の方が退散して行くことでしょう。
octrunGTR
2014/11/16 13:21
元々楽天家なので、その時はそのときと、”まな板の鯉”状態です。好きな工作で気分転換中です。(汗)
よっしー
2014/11/16 13:37
手術するにも、体力が重要ですから、くれぐれも風邪を引いたり、工作でも無理はされませぬように、ご自愛ください。
レオじじい
2014/11/16 19:38
ありがとうございます。風邪は抵抗力を削ぎますので気を付けます。肉体的には年齢相応に相当ガタついていますので。(涙)
よっしー
2014/11/16 19:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
膀胱癌(?)手術(その1) ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる