ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS 膀胱癌(?)手術(その6・患部切除)

<<   作成日時 : 2014/12/01 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

6時,検温、血圧、酸素濃度。続いて、輸液点滴スタート。酢酸リンゲル液・ソルアセトF輸液500ml。所謂生理食塩水で、甘味を除いたスポーツドリンクで、飲用OKとか。更に浣腸。男性看護士が担当となった理由が分かった。お尻を出して浣腸されるので、少しは照れる。そのままトイレ直行。15分ほど出られず。昨晩の下剤も丁度効き始め上下から搾り出しだ。(>人<;)

7時半、血糖値測定。8〜8時15分「マッサン」視聴、8時45分投薬(持病・眼薬)と看護士交代挨拶。8時50分、専任看護師・sさん挨拶来室。

9時05分、回診。若手の医師2名と専任看護師来室。「50肩が、手術中に痛む可能性があるので痛み止め処方」を願い出た。後刻、鎮痛薬を出すとの事で安心

10時〜10時15分ダスキンの清掃。分業化だ。

12時、尿サンプル提出。点滴1回目終了し2回目スタート。本日から病院内データベース新システム稼働し、病室に富士通pcとバーコードリーダーが台車で運び込まれ、腕輪のコードを読み取り、作業(治療&検査項目)を目の前で画面のカルテにチェックしていた。(^^;;

13時45分、昼の検温と血圧測っx定。正常範囲。手術待ち。

14時45分、手術室へ。即手術台へ。4人の女性看護士と女医(麻酔科)が手際よく作業を進め、15時麻酔開始。足元から熱くなり次第に下腹部も。冷たいアルコール綿を充ててチェックされる。この間、左側を向いて、背中を丸め第12頚椎に麻酔薬を注入されている。下半身露出の恥ずかしさは麻酔の効き具合と共に薄れていった。f^_^;)

15時20分、病理医師立会いでF主治医執刀。モニタリングする限り先日膀胱鏡で観た肉塊と異なり、原爆状・きのこ雲みたいだ。執刀医も同様の感想。裏側から見ていたのだろうか? 脂肪腫と囁いている。高周波メス(半円形)でこそぎ落とし、コブの周囲もドンドン削っていく。欠片を洗浄水で排出し、肉塊をハサミで5〜6片に刻み排出・捕捉後、サンプルケースへ収納。16分39秒で終了。肉塊を見せて貰ったところ、素人目にも脂肪の塊に見えた。何処にも癌らしき組織が見えない。主治医も更にチェックするが、院内始って以来の珍しい「腫瘍」と言っていた。後日スナップの許可を得る貰った。^_^;)

16時、迎えの看護士2名にベッドに寝た状態で自室へ。手術中の体温35.8℃、自室へ戻って36.2℃、血圧140・70。手術中に170を超えた場合全身麻酔すると言われていたが、無かったので上がらなかったようだ。30分後再度血圧測定、137・70。血糖値・86。点滴継続。食事は明朝回診後らしい。お腹が空いてきた。麻酔から徐々に醒めてきた証拠か?

18時半、足先に僅かに感覚が戻り始めた。尿中の血液も徐々に薄まってきた。お腹が調子を戻し、鳴き始めた。此れから切除部分や尿道が痛みを増してくるだろう。

19時15分、脚部血流を良くするため、手術前に装着した圧力ソックスの上からゴムの袋状マットを巻き付け毎分一回圧搾空気を入れて圧をかける。夜通しなので眠る事が出来るだろうか? 血糖値は96に。今日はこの辺で。




本日の予定。手術は14ー15時頃。
画像


点滴開始、併せて浣腸される。減塩食の所為か、
血圧が110ー64。このままでは立ち眩みも。輸液で救われるか?
画像



「人気ブログランキング」閉鎖された。人気がなかったのか? "任期"があったのか?!(>人<;)

ご覧頂きありがとうございます。おわりました!ブログランキング人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
所用で自宅を留守にしている間、ヨッシーさんの手術が始まっているんだろうなと頭によぎりつつブログを拝見出来ませんでした。今朝記事を通しで拝見させていただき、余りの冷静なよっしーさんに脱帽です。
自分ではまな板の上の鯉を言い聞かせてもなかなかこんなに冷静に慣れません。
何より無事手術を済まされた事を嬉しく思います。
おめでとうございます。
くれぐれもお大事になさって下さい。



zeus mom
2014/12/02 09:51
手術も無事おわり、腫瘍も脂肪の塊で一安心ですね。
最近の手術では、脚の血管に血栓が出来ない様に、マッサージ機の様な装置を付けますね。
1日も早く完治されることをお祈りします。
それにしても病院のベッドの上、手術前後によくこれだけ文章が書けますね。
レオじじい
2014/12/02 15:22
zeus momさん、
何時も恐縮です。手術中は 全く感覚が無く、他人の手術をモニタリングしているようでした。終わってホッとしましたけれど後の辛さが余程大きいですね。本日午後、ベッドから解放されたのが一番嬉しいです。

レオじじいさん、
有難いコメント何時も賜わり恐縮 です。昨晩は加圧パッドとポンプで悩まされましたが、本日午後解放され、ホッとしました。
今回初めてiPad miniが役立ちました。看護士が来る間に打ち込んでましたので、退屈凌ぎになりましたが、昨晩から今朝にかけて辛かったです。もう懲り懲りですね。
ヨッシー
2014/12/02 16:02
絶好調の様で安心しました。
この際 もう少しゆっくり入院して
悪い所全部直して・・・(謝)
ノッポ
2014/12/02 20:14
気持ちは絶不調ですが、近代医学の恩恵に感謝です。これ以上欲張りません。ヽ(´o`;
ヨッシー
2014/12/03 09:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
膀胱癌(?)手術(その6・患部切除) ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる