ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS 膀胱癌(?)ベッドから解放。(その7)

<<   作成日時 : 2014/12/02 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

(昨晩ののつづきから)

21時、血糖値が70。ブドウ糖・50%、20CC注射。30分後100に。点滴交換。

23時、導尿管の痛み止めに座薬挿入。膀胱の痛みはない。脚に巻いた加圧ポンプと締め付け作動音が 気になり、寝つけない。その内、ベッドの当たりで彼方此方痛み出すが寝返りが妨げられ、楽な姿勢を確保できない。看護士を呼び出したが、我慢してくれと言う。(泣)

3時、心電図計取付。寝返りしたので約3時間睡眠。血圧130-68。

6時、感染症検査用採血。血糖値104。体温36℃、脈拍47、酸素濃度98、血圧132-68。尿中の血液も薄くなっているが、若干あり。

9時10分、血糖値、血圧測定。正常範囲。

10時半、抗生物質点滴。昨日手術直後から24時まで点滴していた薬剤と同じ。回診が遅れている。10時45分、ダスキンの清掃員が来た。1フロアに1人で対応しているらしい。大きな病院だからたいへんと、汗ダクだ。

11時、回診。明日退院決定。早い方だという。看護師が順調と。

11時50分、身体の清浄を看護士が。スッポンポンだがもう慣れた。付き添いで廊下一周80m散歩。異常なし。

12時10分、看護師Sさん来室、排尿管を抜く。始めに補助バルブから残尿を注射器で抜く。痛みが出るが構わず抜く。次いで、管を抜くため息を強く吐き出し、併せてSさんがするすると抜く。残血で汚れたアノ付近を清浄してもらう。全てアナタ任せだ。

12時20分、別の看護士来室し、作務衣の交換と点滴の確認。ガスが出たかと確認されたが未だ全く出ない。通常は出るものだという。

12時40分昼食配膳。お腹が空いた感じなし。食事を摂るため腰を浮かした途端、一発でました!(^o^)/ 美味しく戴く。その後自力で排尿、出血大。尿道にバルーンを入れていた為、裂傷を生じていたから。痛むがスッキリ。2発目のオナラで、ズボンとシーツに粗相。交換と同時に尿漏れパンツを支給された。(≧∇≦)

14時半、血圧測定、体温、酸素濃度、脈拍。正常範囲。

14時40分、食事指導と感想インタビューに栄養士来室。血圧が安定したのは塩分が普段より少ないためなので、自宅でも参考にして欲しいと、注意書きを渡された。食事の順番も野菜・汁物、最後にオカズとご飯にした方が血糖の上りが穏やかと。言われなくても、これは守ってきた順序だが、愚妻に何時も順番が世間とズレて居ると言われてきた。1日1600kcalが適正で、米飯は180g/1食でもよいとのこと。何だか多いような感じ。f^_^;) 愚妻に架電。電車で帰宅と伝えると、タクシーで帰宅せよと。入院費も自腹なので懐も傷も痛い。(泣)

17時、心配していた札幌の妹達に架電。OCNのIP電話は安い。15分で27円!(^o^)/

17時半、血糖値74。低いけれど具合よし。不思議だ。薬剤師来室。自宅から持ち込んだ余りと、在庫の確認だった。8日分持ち込んだが、次回かかり付けの他科の予約が12月13日であり、その間不足なら処方箋出すと。気遣いに感謝。看護士が何時ものように麦茶を運んできた。喉は渇いていないが、排尿促進剤として大いに飲みなさいと諭された。(^^;;)

17時45分、体温36.4℃、血圧140ー83、酸素濃度99、脈拍60。最後の点滴交換。ソルデム3Aー500ml(86kcal)ブドウ糖が21.5g入っている。夕飯前に血糖値が上がりそうだ。

18時10分、待ち焦がれた夕食。退院日は決定したが、時間は未だ。明朝の回診時に決まるか。水分補給油断せずしているので、トイレが近い。その度に尿道の傷から血が流れ出るし、何と言っても焼け火箸を刺される痛みだ。(>人<;)

18時45分、主治医回診。次回外来の日を確認したところ、明朝回診時に伝えるとのこと。血尿が酷ければ、何時でも外来に来るよう言われたが、2・3日中に治って欲しいね。

18時45分、痛み止め投薬。本日より一日2錠。血糖測定170、高い!デザートのリンゴと点滴のブドウ糖が原因か?トータルカロリーが同じでも、糖の吸収が良いと、早めにあがってしまう。病棟の糖尿病患者は43名中11名、今回は多いらしい。国民病だね。

21時消灯、直後に点滴終了。明日朝まで3人の宿直看護士が世話を焼いてくれる。1人で14人はキツイらしい。先日のTV番組で紹介された千葉の大病院も夜勤は@11人と紹介されていた。頑張れ!日本の看護士さん。


血栓(エコノミー症候群)予防のため、脚部を加圧。
画像


出血で濃いピンク色に染まった排尿。
画像


昨日から飲まず食わずできたが、
昼食のお粥がやたらと美味しかった。
画像


薬が増えた。➕は、痛み止め、抗生物質、胃壁保護。
画像


糖尿が加速?されそうな維持液・ソルデム3A。
画像


退院前最後の夕飯。御菜がミョーに美味。馴れたな〜。(^^;;
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
時系列に詳細記録ですね・・・自分の将来を想像した時の覚悟が出来ます(汗)、、、

痛みがキツイようですね、また断食後の食料の味の新鮮さは小生も体験してるのでうなずけます、。
薄味で健康管理でGOODです、お大事に。。。
007
2014/12/03 04:47
読んでるだけで痛みが伝わってきます。
本当に、手術の時は羞恥心も全く何処かへ、それより痛いのが大変ですね。
もう少しだと思います、頑張ってください。
レオじじい
2014/12/03 07:53
007さん、
ありがとうございます。病名は未だスッキリ決まっていませんが、良性であること信じて今後の生きかたを大切にしたいと念じています。

レオじじいさん、
何時もありがとうございます。現代医学に救われています。本日3日退院です。しかし、暫くは病院通いを強いられます。無事越年できるだけでも感謝です。
ヨッシー
2014/12/03 09:48
驚くほど早い退院ですね〜
細かく記録されているので、手術時が思い出されます。
日本列島寒気が覆っています。退院後はくれぐれも暖かくしてお大事になさって下さい。
zeus mom
2014/12/03 10:21
zeus momさん、
日本の医療もアメリカ並みになってきたようです。元々丈夫な人は早めに退院させるような気がします。自宅で療養します。未だ出血しています。病名は16日伝えてくれるようですが、名称が世間に通用するモノなのか?です。(。-_-。)
ヨッシー
2014/12/03 14:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
膀胱癌(?)ベッドから解放。(その7) ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる