ZEUS SIDEBIKE &キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS 血糖値の可視化・SMBG Viewer Lite入手

<<   作成日時 : 2014/12/18 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

毎食前後に血糖値を測定し、データを手帳に記録し、主治医に提出。この手順を既に15年以上繰り返してきた。スマホアプリでビジュアル化する方法も最近出たが、手入力なので芳しくない。

一時、興味半分にエクセルでグラフ化するなどして、主治医に見せてきたが、病院の検査結果であるHbA1cの値(これが過去1か月前までの血糖値)を重視し、拙者のデータは、単に厚労省から保険請求との一致をチェックされた時の証拠でしかないことが看護士の証言から判明。(涙)

通院中のT病院が、院内データベース完全稼働を今月スタートし、拙者の関係するものとして血糖値データ提出が紙ベースから、測定器(三和化学・GT-1820)ベースに変更。次回診察時に持参するようにと改められた。

機器の取説を読む(教育入院時に血糖測定指導はあったが、取説の解説が無かったので、今日まで開くことすらやっていなかった)と、何とデータ出力端子が具備されていた。これまではイヤホンか、充電端子位に見ていた端子だった。(汗汗)

測定データのビジュアル化に興味が湧き、メーカーの三和化学にメール。「医療関係者のみに販売」と、ツレナイ回答。そこで、ネット探索したところ、北海道常呂の薬屋さんが販売OKとのこと。しかも三和の正価より遥かに廉い!即後払いで発注。(笑)


画像
画像
画像


従前は手入力にてビジュアル化。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
15年ですか、私は血糖値を測定し始めて数年ですが、当初は薬局で血糖値測定器とセンサーを購入していましたが、1枚150円近くするセンサーに困り、米国で手配・・・医療品は日本に輸送できないとのことで、米国内の子会社ほ住所へ送り、駐在員にハンドキャリーさせています。
センサー1枚50円程度(為替レートが変わり現在は80円位?)で入手しています。
食後血糖値が高く、毎日血糖値を測定しPC入力でグラフを書かせていますが、USBでの直接入力はいいですね。
幸い、小生の場合は耐糖能異常でHba1cも6.0に納まっているので、今以上に悪化しないようにと散歩と炭水化物の摂取を控えるようにして頑張っています。
レオじじい
2014/12/18 21:41
一時期薬局からセンサーを購入していたことがありましたが、確かに高価でした。その後は病院から支給(保険購入)されたものを使っています。最近は2週間程度なら針とセンサー紙(ロール?)をセットで使う携帯用測定器が販売されていて、便利になったようですが、拙者の三和化学の機器は毎回交換するので、人前で使う時は抵抗があります。いずれにしても、血糖値を低く管理できるよう自重しなければ意味がありませんね。6.0以下に納まっているなら立派ですね。拙者は未だ6.3ですから。
よっしー
2014/12/19 10:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
血糖値の可視化・SMBG Viewer Lite入手 ZEUS SIDEBIKE &キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる