ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK朝ドラ・まれのロケ地へ

<<   作成日時 : 2015/05/31 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

早朝、狼煙の浜辺から灯台(187段の石段の上)のある公園を見物。道の駅でレオじじいさん、ご推薦の豆腐を購入し、同じ大豆で作った豆乳アイスクリームも味わった。どちらも濃さも味わいも非常に良かった!

「狼煙という町名は、その昔、山伏が仲間の船に岬の方向を指示するため、”狼の糞”を燃やしノロシを上げたのが始まりと言い伝えられている」と、浜辺でみやげ物を作っているSバーちゃん。「事実とチゴウとるかも知れん・・・」と笑っていたが。

その後”まれ”のロケ地を探しながら南下。塩田と輪島塗の場所を探し当てた。

舞台の「外浦村」は架空の村名。ロケ地は分散していて、知っている人を探すのがタイヘン。

番組の冒頭で大勢の村民が駆けつける場面があるが、ロケ先は私有地で、案内人が居ないと誰も行く事ができない辺鄙な場所らしい。行く事を諦めた。(汗)

「能登の人々は欲が無い」と感じた。”あまちゃん”の久慈市観光協会と比較すると、便乗商法は雲泥の差がありそう。兎に角地味!

ポスターやノボリは互角だが、”商品化”されたモノが圧倒的に少ない。精々お菓子とハンカチ、小さな飾りモノ程度。まれ人気が今一(能登の塩、横浜のケーキ屋、輪島塗と焦点がボケボケ?!)なことも理由らしいと、現地観光・関係者(キリコ会館にて)の談。(汗)

まれ/土屋太鳳と恋人?紺谷圭太/山崎賢人が走った街角と、圭太の祖父・塗師屋(ぬしや)紺谷弥太郎/中村敦夫の家・工房を探し当てた。キリコ会館の売店のお兄ちゃんの情報(只でないよ〜!お土産を沢山購入してあげた(笑))を元に、街角で尋ねた人その人が塗師屋のモデルだったとは!輪島・塗師屋・大崎庄衛右エ門(江戸時代からの4代目)

大崎さんの案内で、埃を嫌うので普段は入れない工房を見学し、ロケでの話題など説明していただいた。同じ工房を東京のスタジオに作り、家具なども4トン車で運び、現在も撮影に使っているらしい。但し、月一で輪島に来ては、不足個所を撮影していくとのことで、大崎家が監督・スタッフの飲めや・食えやの溜り場と化しているらしい。(笑) 

展示室にはロケに使った調度品や、圭太がまれに初めて塗箸を贈った現物があったが、これは大崎さんが特別にこしらえたものだという。折角なので夫婦箸を購入。100年以上は使用できるらしいが、自身の寿命が尽きるね〜。(汗)

今宵は道の駅・輪島に停泊。丁度併設の文化会館で、全国 民謡大会が行われていて、出場する中学生や高校生が大人に混ざって、外で大きな歌声で練習する姿に遭遇。毎年、年少者の参加が減少しているとのことだが、見事な歌声にミョーに感心仕切り。本番は観ていない。(汗)


狼煙港とノロシを上げた界隈で一番高い山。山の名前は聞漏らした。
画像


禄剛崎灯台。現在は光と電波で活用の無人灯台。
灯台唯一の菊のご紋章が許されている。常陸宮も見学に。
日本の中心が此処だという。何処かで聞いたような??
灯台は海抜42m、187段の石段を登る。
熊本の3333段より遥かにラクチン。(笑)
画像
画像
画像
画像
画像



中部北陸自然歩道の出発点なので、トイレや休憩施設があった。
片道2.5時間掛かるらしい。今回はパス?もう来れないかもね。
画像
画像


レオじじいさんからアドバイス頂いた、大浜大豆を使った、
能登のニガリで固めたおぼろ豆腐と、同じくアイス
クリームを購入。今まで味わった事のない、濃厚さが
非常に嬉しかった。豆腐は醤油無し・生のまま戴いた。
能登に来られたら、是非味わって頂きたいね〜。
画像
画像
画像


美しい奥能登の海岸線を眺めながら、一休み。
時速40kmにて走行したが、クルマは少ないのでノンビリ。
#28はカーブや上り・下りの連続で少し疲れた。
堂ケ崎付近にて。
画像


学研の「ランチをのぞけば人生が見えてくる」に出ていた
珠洲の海・山岸順一さんに会うことができた。塩を煮詰める
薪を切っていた。元気そう。彼の職場の売店で
塩アイスクリームを食べた。(笑)
画像
画像
画像
画像
画像
画像


まれのロケ地の一つ。桶作元治、寡黙な塩田職人が海水を
塩田に撒いている姿を想像してください。此処がその現場です。
塩の駅・輪島塩から徒歩50m南に。重要無形文化財
能登の揚浜式製塩技術伝承・角花家の塩田。
訪れる観光客は少ない。塩の販売店併設。
ロケ隊は輪島と此処との間を往復。旅館が無いため。
道端で農作業していた84歳のSさんから色々情報を。
序にグミを沢山戴いてしまった。多謝!(笑)
画像
画像
画像
画像
画像


真浦海岸付近の垂水の滝。能登では珍しい。
画像
画像
画像
画像


千枚田で「ふくろうキャンカー」さん(例のフクロウが
ベッタリ貼ってあったので間違いない?)のクルマがPに。
通過後、追いかけたら既に北上した後だった。果たして。
画像
画像
画像


能登麦屋節全国大会出場の少年・少女が練習中。
大人に負けないくらい素晴らしく聴こえたが。
輪島道の駅併設・文化会館にて。
画像
画像
画像


輪島市の岸壁傍にある、キリコ会館を見学。ここで
まれのロケ先をゲット。但し、街中をウロウロ・訊きながら。
画像
画像
画像


まれの恋人のじいさんのモデルが、大崎さん。
「まれと恋人が、走って通ったロケ場所がこの辺りでしょうか?」
と、玄関先に出てきた彼に訊いたところ、「私の仕事場が
モデルです」と、偶然とは面白いモノだ。そして休みであったが、
工房内を丁寧に案内してくれた。まれでは、東京に同じ
形の部屋を作って撮影しているとのこと。台本も見せてくれた。
玄関の高さは何と1.5m程度。埃が入らないよう低くしてある。
画像
画像
画像
画像

工房へ続く長〜い廊下は両袖の壁板が漆塗りで
100年以上前のもの。紫外線に弱い漆なので、
その部分のみ艶消しになっていたが、ソリや割れも
無く、新品同様の寿命を保っているとのこと。
画像

モデルとなった塗の部屋。紺谷弥太郎と紺谷圭太が
作業していた部屋だが、実際は東京のスタジオのコピーで。
説教をぶっていた部屋は下の画像。テーブルは貸し出している
ので、代品が置いてあった。
画像
画像

ロケで使われていた掛け軸も漆で描かれていたが、
半永久の耐久性があるらしい。TVに出ていた古い
漆器入れの引き出しと、内部の品々もそのままTVに。
画像
画像

圭太の初作品のための箸を大崎さんが作った。
初心者が作った風に表現するため、シンプル&
赤系の少女向け色に。予備を含め5組作った。
画像

先祖が日常使っていた100年以上前に作られた
食器類を見せてくれた。熱にも酸にも強い世界に冠たる
日本の漆器は素晴らしいと、自賛していた。確かに!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しい出会いもあり中身の濃い旅をされていますね。
垂水の滝、キリコ会館は未経験ですから、次回には行ってみたいですね。
塩田見学も天候が回復して良かったですね。
レオじじい
2015/06/01 04:56
キリコ会館は出来たてのようです。能登地方に伝わるそれぞれの地方の独特なキリコが説明展示されています。動画も見れますので、雰囲気がチョッピリ理解できました。
ヨッシー
2015/06/01 06:52
テレビで見た光景が実際に訪問すると更にイメージが広がりますよね
フクロウさんのブログにもキリコ会館と千枚田を観光したと書かれていました
どちらも是非訪問したいと思います
オジジ
2015/06/01 07:20
白米の千枚田のPでふくろうさんを見掛けました。声をかける間もなく、北の方へ走行していきました。拙者と同じ逆のコースを辿った様子を彼のブログで拝見しました。(笑)
ヨッシー
2015/06/01 08:49
微に入り細に入り、レポートがしてあって、ワクワクドキドキしながら、記事を読みました(゜∇^d)!!ますます親しみを持って、「まれ」をみることができそうです(*´∀`)
貴重な情報ありがとうございます(*´∀`)
わらび
2015/06/01 11:54
ここ迄して頂いて、まさか「冷やかし」じゃ…(謝)
のっぽ
2015/06/01 15:23
わらびさん、
お読みいただけるだけでも感謝してます。たった半年のまれ・ドラマです。楽しんでください。NHK。(笑)

のっぽさん、
@3,300円の夫婦箸を購入しました。〆て6,600円でした。BHが目をむくでしょうね。(汗)
ヨッシー
2015/06/01 21:08
凄い出会いがあったんですね〜♪
私たちもあの千枚田の見える塩田でお芋に塩をつけたのを頂きました。
あの塩田の塩はやっぱり美味しくて、今も大事に使っています。
zeus mom
2015/06/02 14:37
千枚田では混んでいたので、精々撮影だけで退散しました。(ーー;)
ヨッシー
2015/06/02 14:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK朝ドラ・まれのロケ地へ ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる