ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS 循環電流防止装置外しました

<<   作成日時 : 2015/09/16 21:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

標題装置を設置し、約1年経過した。

容量の異なる4台の電池を充電してきた。この点では、極めて優れた装置であり、考案者のYさんに脱帽だが、循環防止のダイオードが持っている順方向電位差Vfが曲者(と理解)。

Vfが約0.2〜0.3Vあり、電池への押し込み充電が不足気味。本来の105Ah2本並列充電の時と、電池の持ちに差が出難いと、今年春〜夏のキャンツーで感じた。充電電圧をVfの差だけ予め補償しておけば解決することだが、既存装置のアルゴリズムまで弄れない。

電池が古くなっていくため、充電能力が劣ることを差し引いても、充電不足の印象は拭えなかった。10月半ばに再び短期・出番があるので、実際にどう変わったかを体験してみたい。

After(上)、Before(中、他にYellow電池1個は
フロントシート下に)、外した配線と装置。
画像
画像
画像


外したYellow Topに再び陽の当たる場所は?
画像


無事充電できてます。2台の105Ah電池の
CCA値は24時間のデサルフ後、600と640でした。
草臥れ始めてますが、規格の550以上を
確保していました。ややアンバランスながら
このまま続けます。多分、循環電流に依る
放電は防げないでしょう。過充電・発熱の場合、
温度センサーにより充電を自動終了します。(^-^;
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなか完璧な装置は無いのでしょうかね、バッテリーの確認にしっかりしたCCA値が測定できる測定器があるのは強いですね。
レオじじい
2015/09/17 04:41
難しすぎて解かりませんが厳密に管理しているんですね
私は電圧計を見てたまにAC充電していますが「すぐれもの充電器」にお任せしています
今度お邪魔したときにCCA測ってもらえますか?
オジジ
2015/09/17 06:49
おはようございます。循環電流は電池の内部抵抗で消費される電力のことなんですね。常に充電し続ければバッテリーの電圧降下問題は起こらないとおもいますが,それも難しいならダイオードを使う方法が簡単でしょうね。ただ,ダイオードはおっしゃられるようにスレッショルド電圧があるので,その分低下してしまいますよね。充電電圧をそれ以上にするしかないですかねぇ?
あぶ
2015/09/17 07:18
レオじじいさん、
唯一頼りにしているCCA測定器ですが、過去のデータからの推移を見ると、来年辺りでバッテリーが寿命を迎えるようです。再びモノ入りです。リアータイヤも来年辺りです。( ;∀;)

オジジさん、
先日気づかずにいましたが、次回(11月初めころ)測定してみましょう。”出張”いたします。(^-^;

あぶさん、
仰るように、充電電圧を補償するだけで良いと思います。自信が無いので、充電器(ソーラー)を弄れません。(´・ω・`)
よっしー
2015/09/17 10:31
ブリッジ整流器を理想ダイオードブリッジに交換してみてください。Vfはかなり改善されるはずです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-07921/
やまかず
2016/12/28 16:58
流石やまかずさん!
その節はお世話になりました。何れ、試してみたくなりました。今後もご指導方よろしくお願いたします。
よっしー
2016/12/29 00:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
循環電流防止装置外しました ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる