ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS Webasto燃料フィルター分解して分かったこと(閑話休題!)

<<   作成日時 : 2015/10/29 15:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

のKさんのキャンカーOXに装着しているWebastoヒーター・燃料フィルターを交換した。該社推奨・交換期間は1年毎となっているが、前回交換は2013年12月6日。既に2年間弱使用し、使用時間・約3,360時間。燃料はクルマと共用の軽油。

Kさんは、晩秋から翌春まで約約7カ月間毎日使用しているツワモノ。ツアーは勿論のこと、立派な自宅がありながら、普段は書斎代り・寝室代りにしている。長野のカーインテリア高橋(キャンパーメーカー兼ショップ)が診断器が故障したのではと間違えたほど。(ヒーターに内臓のECU積算計の読みから、4年間で約6,500時間)。

交換後、フィルターを分解。目視で僅かに黒ずんで見えたが、元の色を知らないため、汚れ具合を判断できない。汚れのイメージはドロッとした汚泥とか、金属粉を想像してしまうが、少なくとも拙者には、そのような物質を見ることはできなかった。

内部はヒダ形の精密ステンレスメッシュがINとOUTの間にある構造。流量確保と濾過能力を高める構成と観た。バイクなどの小排気量用フィルターは、ひだ型ナイロンメッシュとか、濾紙を使う例が多いようだ。

Webastoのフィルターは、ユーザー価格・税抜き・1400円。分解できない樹脂封止型、made in Germany。決して安くはないが、内部構造を観る限り、安心して使用できる高品質パーツであろう。拙者のATOMは分解整備の序に、近々交換予定。(汗・汗)


今回対象車両・燃料フィルターのレイアウト(OXの例)。
内径Φ5の燃料パイプとジョイント。
画像


前回交換後、2年弱の間に約12カ月間使用実績あり。
画像
画像



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
本物の技術屋は、『古い部品や壊れた部品を分解して、内部を観察するのがメシより好きなんだヨ…』と随分前によっしーさんから聞いた事を思い出しました。ヤッパリでしたね〜。
のっぽ
2015/10/29 16:05
外観がプラスティックキーの安物に見えたことと、1年ごとに交換する必要性の有無を自分なりに納得する為でした。分解はメーカーや設計者等の思想が垣間見えて楽しいですよ。
ヨッシー
2015/10/29 16:35
安価なのに中々しっかりした作りの部品ですね
私は冬季でもあまりFFを使わないので心配していませんが やはり汚れてるんでしょうね
オジジ
2015/10/29 17:53
外国の燃料が「粗悪品」なんでしょうか?。
ノッポ
2015/10/29 18:10
オジジさん、
汚れ具合は外部から見えないので、定期的に交換する方が良いでしょうね。

ノッポさん、
燃焼機構が精密さを要求するので、決して海外の燃料が粗悪の為に、精巧な造りをしているとは思えません。
よっしー
2015/10/29 20:03
凄い稼働時間ですね、
わがやのFFヒーターは年間でも数時間です。
冬場も雪山の様な寒い所には行きません。
寝る時はヒーターを使わず朝起きた時に寒さが厳しい時だけ使っています。
今夜は飛騨の山間部へ紅葉見物に来て道の駅「桜の郷 荘川」で車中泊です。
レオじじい
2015/10/30 20:54
これからの紅葉狩りは風情があって、楽しめますでしょうね。ヒーター稼動時間が多いとフィルターが汚泥の中にあるかと思いきや、予想に反し綺麗でした。ビックリポンでした。拙者のATOMは貴殿と同じく稼動時間は少ないですが、前歴がわからないので、近々交換してみます。
ヨッシー
2015/10/31 09:01
おはようございます。
僕のしんちゃんのFFヒーターはどのくらいの積算時間使用しているんだろう?あまり使っていないので,6年で2,3百時間?古ター交換というのが必要なんですね。ふむふむ...
あぶ
2015/10/31 12:00
燃料供給が薄くなると、燃焼温度低下に繋がり、挙句には煤が貯まり易くなります。燃焼音などにご注意してみてください。
よっしー
2015/10/31 16:57
用途違いですが、、、
ビル菅時代に、A重油炊き温水無圧ボイラーは、毎日24時間自動運転で、燃料フィルターは分解出来、三ヶ月毎の自主定期メンテ項目中での清掃と、一年位で交換をしてました、。

ろ過部は金属性でして、メンテをしないと、目詰まりして機器停止となってました、、、見事にツブレます!
重油の中で上質のA重油にもランクがあり、当時は一番高いものを使用してまして、薄茶色のサラサラ状態の油でした、、、
これは設備菅理し易さと毎年の環境測定項目の機器の排ガス基準をパスするためでした。
昔を懐かしく連想しました。
007
2015/11/01 04:59
濾過部分を清掃できるバイク用もあり、浄化能力維持を考えると、そうしたパーツは省資源的ですよね。今回のパーツは外部から内部が目視できない構造で、有無を言わせず定期交換を強いますので、ユーザーに取って、交換工賃含めると、決して懐にも優しくないと感じました。
ヨッシー
2015/11/01 09:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Webasto燃料フィルター分解して分かったこと(閑話休題!) ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる