ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS W.ポンプ、ホース、ベルト交換(その1)

<<   作成日時 : 2017/01/13 00:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

前回のテンションプーリー交換に引き続き、標題のパーツを交換した。車齢・15年9ヶ月、走行91,194km。ネットでの交換例を見ると、ポンプは9万km前後が寿命らしい。未だ異音は無いが、ホースジョイントから漏れを見ると交換時期を過ぎてしまったようだ。

フアンシュラウド交換に手古摺ったり、クーラント残水を被ったりと散々。(泣) 手順は以下の通り。今回使ったレンチ類は14mm、12mm、10mm2本。それぞれボックスタイプとメガネ、スパナタイプ、ラチエット付きがあれば尚良い。短いレンチなら17mmレンチを梃として使用。

下に潜ってベルト(2本)を外すドレンコックを開けてクーラントを排出し、終わったらコックを締めるWポンププーリーとフアンを外すラジエーターホース(OUT)を外すポンプを外すフアンベルト調整ブラケット(ACジェネ取り付け)緩める助手席側からPブレーキワイヤーAssyをレバーから外し、引き抜くシュラウドを外すラジエーターホース(IN)を交換するヒーターホース(OUT)交換するラジエーターホース(NO.3)交換する下からシュラウドを再組み付けPブレーキワイヤAssyを再組み付けるWポンプAssyを取り付けるフアンを再取り付けするVベルトを取り付け、テンションを調整するリブベルトを取り付けテンションを調整する再び助手席に戻り、クーラントを充填しエアー抜きするエンジンを掛けてラジエーターキャップを締めず、泡の状態を観乍ら、不足クーラントを補充、泡が無くなることを確認するキャップを締める冷却水温が通常時の適温を維持していることを確認する。

助手席を持ち上げるとエンジン部にアクセス可能。マニュアル
ミッション車などのコンソール付きならこれを外しておくと画像の状態と同じに。
画像


クーラントを排出しておく。完全には抜けない。
特にポンプやホースを外すとき、漏水に注意!
画像
画像
画像
画像
画像


フアンとプーリーを外す。
画像
画像
画像


ポンプを外す。
画像
画像
画像


シュラウドを外す。ラジエーターホース(IN)の交換に
必要な、最も困難な作業。PブレーキワイヤーAssyを外しておく。
パワステオイルタンクと上部のシュラウド留め(2ヶ所)を外す。
シュラウドは下方向へ捻りながら外す。結構面倒な作業。
画像
画像
画像


画像
画像


website: TOYOTA|Japan Parts EUより引用
画像
画像




シャープ 洗濯機用 ふろ水ポンプセット(ホースの長さ4m)2103960116
家電通販 ナカデン
対応機種 ES-605CL5 ES-605CL6 ES-60DC ES-656C6 ES-6700P

楽天市場 by シャープ 洗濯機用 ふろ水ポンプセット(ホースの長さ4m)2103960116 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

三栄水栓 【風呂水給水ホースセット】 4M PT171-871S-4
三栄水栓

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三栄水栓 【風呂水給水ホースセット】 4M PT171-871S-4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
シュラウドを外すのは大変そうですね
PブレーキワイヤーAssyも外さないといけないとは・・

私の車はパーツリストを検索しても見つかりません
探し方が悪いんですかね
オジジ
2017/01/13 10:55
素人では手を出さない仕事ですが、電気屋さんが大工仕事に自動車の修理と何でもこなされる貴兄の技術には驚きです。どこで勉強されたのでしょうか。
レオじじい
2017/01/13 15:23
オジジさん、
マツダのマニュアルは非公開かも知れません。トヨタ共販では、CD−ROMで配布されているので、欧州からNET入手したと話したら驚いてましたよ。

レオジジさん、
下手な横好きです。失敗すれば、元も子も無いですが、やっている内に、成功の確率が上がってきました。クルマ整備は1965年ルノー4CVがスタートです。整備免許を持たずに重要保安部品を弄ることはNGですが、今回程度なら許して貰えそうですかね。(汗)
よっしー
2017/01/13 21:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
W.ポンプ、ホース、ベルト交換(その1) ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる