ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS ローズマリー公園

<<   作成日時 : 2017/02/05 19:35   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 13

一昨日(3日)、三芳村を出て、最初に寄ったのが房総フラワーラインの途中のローズマリー公園。道の駅なのだが、名前からして普通じゃないと感じていた。

ここは何と、英国の劇作家シェイクスピアを道の駅のテーマにしていること。駅舎全体を往時の街並み・家並に設え、展示やお土産販売もどこか英国風に凝っている。しかも古めかしいこと甚だしいから、キッと古い駅舎なのだろう。

の案内所は英国調のグッズショップを兼ねている。しかも表から想像できないほど、奥まっていて、これでは誰も立ち寄らないのではと思えるほど控え目な場所に。小さな案内看板が寂しげに下がっているだけで、全く派手さは無いが、内部は綺麗な英国調グッズでギッシリ。

ローズマリー公園Pにて。道の駅案内所
(インフォメーションセンター)下の建物の中にあるが、玄関風の
扉からは入れず、ぐる〜っと奥へ廻って他の建物の間から
やっと入ることができた。
画像
画像



16世紀、ロンドン自室で劇作中のシェイクスピアと劇中の一コマ。
画像
画像
画像



16世紀のグローブ座の様子を人形仕立てで展示。
画像


正面が案内所の入口。2階がシェイクスピア展示場。
2階から見た案内所への通路と建物群。
画像
画像


愛犬・レオンを想い出し、ステンドグラス風飾りをゲット。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
ここが、道の駅だということを忘れそうですね(*_*) 束の間、外国に行ったような気分になれそうです。
去年の今頃に行った四国徳島のドイツ村を思い出しました。
わらび
2017/02/05 22:49
そうでした、ドイツ村も。(笑)
よっしー
2017/02/05 23:14
そのステッカー、、そう言う訳でしたか。心中ご察し申し上げます。
ノッポ
2017/02/06 07:19
ここは知りませんでしたが素敵な道の駅ですね
商売しか考えていない道の駅と違って訪問者を楽しませてくれそうですね
オジジ
2017/02/06 11:03
momのよっしーさんへのコメントがスパム判定で削除されてばかりです。
どうしてでしょう
Zeus mom
2017/02/06 11:43
Zeus momさん、
これはOKですね。何故でしょう?プロバイダーのアドレスなどにSpam判定されるドメインアドレスなど入っているかもしれませんね。
よっしー
2017/02/06 12:18
ローズガーデンがコッツウォルズの風景とそっくりで、シェックスピアの生家がソックリに再現されているので懐かしく思ったのですが、、、
Zeus mom
2017/02/06 12:38
分かりました。
シェックスピアの生家の地名とコッツウォルズの地区の名前がダメだったようで、2つの地名をいれたらまたスパムにより削除になりました
Zeus mom
2017/02/06 12:44
コッツウォルズに似せて作ったのかも知れません。展示はロンドンの市中グローブ座で演じられた演目が中心でした。スパムの原因が分かって良かったですが、迂闊に地名を入れられませんね。Spamが怖いので、各設定は弄らずにおきます。お許しを。
よっしー
2017/02/06 12:58
分かってスッキリしました。
シェックスピアの生家はそのままソックリです

お土産屋さんも生家の隣にあり、ステンド製品も売られていました。
Zeus mom
2017/02/06 13:12
流石聖地巡礼ベテランだけあって、お詳しさに感心です。機会があればこの公園もお訪ねください。チョッと寂しいですけど。(笑)
よっしー
2017/02/06 19:20
なつかしいですね。

この施設の竣工後に定期点検で何度か行きました。
イギリスからの材料が多く、修理も大変でした。
できたときはお客さんも多かったですよ。
当時は館山道も開通していないので、たしか君津から山越えで行った記憶があります。
デコピン
2017/02/08 08:19
デコピンさん、
お訪ねいただき嬉しいです。生みの親のお一人なのですね。当時のご苦労が偲ばれます。凝った造りの道の駅と周辺の建物群に、英国の田舎に行った時のことを想い出し、一時感慨に浸ることができました。賑わいが今一つなのが気掛かりですが、ウイークディーとか、夏のシーズンはまた違うかもしれませんね。
よっしー
2017/02/08 10:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ローズマリー公園 ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる