ZEUS/サイドバイク&キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS 寄り道しながら富山へ向かっています

<<   作成日時 : 2017/06/21 22:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

#116〜#8〜と、走行しつつ、良寛の里・わしま(良寛が晩年を過した)、西山ふるさと公苑(田中角栄が生まれ、育った)へ寄り道。撮影禁止なので、表以外の画像は無い。

「わしま」の近隣に「良寛の里美術館」があり、展示された書・画を通じ彼の人と成りを垣間見ることができる。特に良寛・貞心尼出会いの地に纏わる書を見ることができる。この界隈は良寛に関連した施設が多く存在し、一日では回り切れない。

「西山」は角栄さんの故郷であり、小学校跡地に立派な記念館が整備され、それが道の駅になっているが、#116の「道の駅」看板と「角栄記念館」が別々で、普通の道の駅を知っている者には違和感がある。要するに道の駅と思いつつ辿りつくと、道の駅の看板も無い、広い駐車場と重々しい雰囲気の記念館が人を寄せ付けない風情を醸し出している。館内に居る担当は無骨な警察官あがり風の男性2人だから始末が悪い。汗

敷地の外れに道の駅に似合わない酒屋があり、普段は寄らない場所のように思えるが、店主曰く、「敷地は私有地で、群馬・埼玉のお客で成り立っている」不思議な酒屋である。(笑)

記念館は角栄の面目約如たる私物や揮毫、新聞記事、著書など展示されている。隣に中国の館と公園が整備されているが、これは国交を実現した角栄肝いりで作ったものらしい。他に「角さんの台所」というレストランがあり、唯一の道の駅レストラン。

今晩のP泊は「うみてらす名立」。雨と風が極めて強く、My ATOMの揺れが酷い。船酔いしなかったが、名立で悪酔いしそうだ。(笑)

「わしま」の歴史民族資料館。入館料100円。
古代遺跡の出土品や民具など展示されていた。
画像


良寛の里美術館。入館料500円。
先ずはビデオを15分観てから館内を巡視。見応え十分。
画像


70歳の良寛に惚れた30歳の貞心尼の気持ちがよく出ている。
画像
画像


良寛家系図。ツイ撮ってしまった。汗
画像


田中角栄記念館。入館料400円。道の駅と言うより、
やはり記念館の駐車場だね〜。広い駐車場が寂しさを。
画像
画像
画像


付随する中国館と中国庭園(西遊園)。西遊記の像が。
内部に展示されていたのは、地元と中国の
交流写真と中国の祭り道具や飾り、屏風絵など展示。
画像
画像
画像


記念館奥に和食レストラン1軒。唯一の道の駅風施設。
画像


道の駅とは無関係な、敷地に接して営業中の酒屋さん。
新潟の銘酒・大吟醸2本購入。何時飲むか、誰と飲むか?(笑)
画像


「うみてらす名立」。お隣は大分から北海道へ向かう
手作りキャンパー・Aさん運転の軽トラ・サンバー。
画像
画像
画像


道の駅敷設の沸かし湯。通常700円のところ、本日メンズデイ。
タオル付き390円也。ラッキー!本日の温泉の元は湯布院
入浴剤入り! 露天、サウナ、大浴場、寝湯、バブルetc。
画像






’71椛ノ湖全日本フォークジャンボリー実況+2
グリーンウッド・レコーズ
斉藤哲夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ’71椛ノ湖全日本フォークジャンボリー実況+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


{ころもへん者}遂良倪寛賛雁塔聖教序及其筆法(中国語)
西 印社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by {ころもへん者}遂良倪寛賛雁塔聖教序及其筆法(中国語) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
良寛さんと貞心尼は今流行りの年の差カップルだったんですね〜☆
良寛さんの書を見たことがありますが、女性的な優しい書ですよね〜〜
角栄さんはやはり中国色豊かですね〜
よっしーさんもお酒をみるとついつい買ってしまう酒好きですね!上様も右に同じ!
Zeus mom
2017/06/21 22:49
歳の差カップル・・・キッと良寛と貞心尼は心で結ばれていたのでしょうね。
日本酒は興味無かったですが、西欧でおいしそうに飲んでいるTVを観て試飲したところ、吟醸酒のフルーティーさにビックリ。それが今年3月のこと。まだ初心者コースです。既に獺祭の1升瓶1万円手付かずですが、今回大吟醸740ml2本購入、8千円。(笑)
ヨッシー
2017/06/22 06:08
このお風呂はシルバーディとか良い夫婦の日とか色々と割引が有りますね
沸かし湯で700円だと地元では高いのでしょうかね
オジジ
2017/06/22 06:50
北海道見聞録よりも此方の方が充実している様に思いました。この先、若い人と出逢えそうなきがしてきました。(私の予想は当たります)
のっぽ
2017/06/22 07:51
オジジさん、
常時何がしか、特別デイを設けているようです。700円は高いですが、設備が多いですから競争力はありそうです。

のっぽざん、
当たりです。昔の若い人に沢山出会いました。玄関先で。(笑)
ヨッシー
2017/06/22 15:31
道の駅 うみてらす名立の入浴料、沸かし湯でも高いですね!しかし、日替わりで、各地の名湯の入浴剤を入れているのって、なんだか笑ってしまいます😄! 個人宅だったら、一袋でしょうが、すごい量でしょうね〜。
わらび
2017/06/23 08:36
わらびさん、
大きなタンクに入った入浴剤だそうで、「湯布院の湯」はアルカリ性で肌がヌルヌルでした。湯布院だって色々な成分ありますから。(笑)
よっしー
2017/06/23 18:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
寄り道しながら富山へ向かっています ZEUS/サイドバイク&キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる