グレータンク排水シャッター部修理

購入当初から、グレータンクから滴が落ちていた。キャップのシールを交換し、凌いできたが排水処理の度に手を汚してしまうので、分解・修理した。

シャッター付き排水部はシリコンシーラントと
4mmx40mmのキャップタッピンで取り付けられている。
鉄ネジ頭が錆付き、+ドライバーが効かず、ザウルスで。
画像
画像


シール部の変形と痩せ+オイル切れでシャッターに隙間。
画像
画像
画像
画像


構成パーツを磨き、まだヘタリ損ないのゴムパッキンを
上下入れ替え、シール状態を確認。ゴムオイルをくれて
嵌め込み、必要個所にシリコンオイルとシーラントを塗布し、
元に戻す。シール部硬化後の漏れは治まっていた。
耐久性が心配なので、1-2年後に新品と交換かも。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • オジジ

    キレが悪くなったんですね(^ ^)
    しかし色々と補修剤をお持ちですね
    2016年04月12日 22:00
  • よっしー

    補修剤は弄るパーツの余剰剤です。(^-^;
    2016年04月12日 23:07
  • レオじじい

    詳細な手順情報有り難う御座います、大変参考になります。
    ザウルスというペンチを持っていないので、先ずはCRC でも塗布してネジを外れやすくする事からです。
    2016年04月13日 06:10
  • ヨッシー

    キャップネジの様な浅い頭に小さい溝のため、簡単にバカになりました。外してみると、内部で錆び付いていました。ATOMと同じネジなら厄介ですね。
    2016年04月13日 08:17

この記事へのトラックバック

「グレータンク排水シャッター部修理」その後
Excerpt: 「グレータンク排水シャッター部修理」について掲載した、その後を報告。未だフイールドに出ていないが、修理は成功した。シャッターからの漏水は止まっていた。以下画像で。あまり意味は無いが・・・・。(^-^;..
Weblog: ZEUS/サイドバイク&キャンパー
Tracked: 2016-04-14 14:27