ZEUS SIDEBIKE &キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS シーソー回路もFETリレーにて置換

<<   作成日時 : 2015/01/20 18:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

前回「運転席とキャンカー入口のシーソーSW(サブバッテリー・メインSW)は使用不可となったが、機器のSWを細目に切れば良いので、当面ヨシとする」と掲載した。しかし省エネに背くので、MOS-FETを使い、件の回路を改修。

FETのメリットである制御電力のミニマイズ化と、ソースドレイン抵抗の低さと相まって入出力の効率化を図り、これまで以上に省エネ化を達成できた。回路上、15mAのLED表示器・2個がややネック。(笑)

運転席とキャンカー出入口の3線式SWは、オリジナルが+側アクセス方式のため、手持ちのPチャンネルFETを使用するため、TR・2SC1815を使い、+制御式に変換。この回路は無負荷電流・0.33mA。ネグれる値。しかも、3線式だからOFF時は”0”。

基盤は適当な機器から外したモノ。樹脂ケースも同様。
画像
画像


簡単な+変換TR回路とMOS-FETリレー回路。
画像


KEMO社プロテクターとシーソー回路をドッキング。
これで、オリジナルと等価な電源コントロールが可能となった。
然も、大幅な省エネ化を達成できた。
画像


ATOMオリジナルシーソー回路対電源プロテクター接続図。
(改造前の接続図)
画像


電源ボックス全景と今回追加したFETリレー回路付近。
画像
画像


入口付近の足元の暗さに閉口していたので、
インジケータ回路に照明用LEDをパラッた。
LED入りSWで、シーソーON-OFFの確認もできる。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
着々と、省電力化が進んでいますね。
自作する技術が有る方は、次から次にとアイデアが出てきて、対応出来るので羨ましいですね。
制御BOXが一杯でもう入らないのでは(^_^)
レオじじい
2015/01/21 06:08
電池一個はみ出していますが、右シート下と前方シート下しか空いてません。当面実験用と割り切り、ボックスの外に置いてます。4電池並列充電は12〜14日外泊してきましたが、その後も至って順調そうに見えます。放電回路側が15A以下なので、電子レンジやクーラー電源のインバータ用に使用できない点がデメリットですが、TVや照明、冷蔵庫など通常の電源は4並列のメリット享受できています。今後のテーマは出入口のオートロックと、ヘッドライトコントロールが残ってますが、電源ボックスの内部は当面弄らずに済みそうです。(汗)
よっしー
2015/01/21 10:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シーソー回路もFETリレーにて置換 ZEUS SIDEBIKE &キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる