ZEUS SIDEBIKE &キャンパー

アクセスカウンタ

zoom RSS ATOM(H13年・ライトエース)、手術&タコ移植

<<   作成日時 : 2015/09/04 14:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

H18年・ライトエーストラック(MT)のメーターをポチッた。タコメーターが付いて、1万円弱だった。

検討する間もなくポチッたので、着荷するまでの間、ネットで隈なく調べたが、マイナーな古いクルマの所為で、メーター周りの記事に出会えなかった。

入手できたメーターは外観は同じだったが、拙者のATOMが機械式であることに対し、全て電子式。タコメーターも汎用とは異なり、メーター稼働部とドライバーに分かれており、速度計のLCDオドメーターと同居。移植が難しそうに思えたが、今更引き返すことができず、ダメ元で手術した。難易度は拙者のような元回路屋でL、素人に近ければH程度か。

切り張りの表示盤と同じく切り張りのPWB Assy改造により、ステッピングモーター駆動の回転計を動作させることができた。大型タコなら3万円以上するが、ほぼ”純正”なので違和感無しのメーターが、1万円弱で出来た。

速度計全体を交換した場合、メーター改竄となり、車検証にその旨距離表示と共に記載した方がよい。今回はタコメーターの増設なので距離表示などの基本変更が無いので、改竄に当たらない。


Before(下)&After(上)
画像

画像




メーターはフェースプレートの上側ネジ2本を外し、上下を摘んで引っ張ると簡単に外れます。メーターAssyは横と上のネジ・計3本で留まっています。ネジを外し、手前にひきずり出しながら3個のコネクターを外すと、簡単に取り出せます。メーター駆動ケーブルはワンタッチ型(それぞれ若草色の個所)なので、付け外しはメーターの出し入れに沿って自動的に結合・分離してくれます。再組み立て時、50〜100mほど走行すると、ケーブルが完全に嵌り、速度計測を開始します。一瞬慌てましたが、テスト走行してやっと解決。(^-^;
パネル裏面上にパーツナンバーと出荷検査年月日が表示されています。同じ年のメーター同士なら改造が楽でしょう。
画像
画像
画像
画像


ポチッたメーター到着(手前)。製造日は06年(H18年)3月13日。5年も若いメーターでした。想像はしていたもの、タコメータードライバーまで速度計と同じ回路モジュール内にあるとは気づかなかった。コストを突き詰めた設計・生産をしているのですね。(^-^;
画像


現行メーターのPWB側とボディー内部を観ると、タコメーターの設置パターンと取り付けるボスが用意されている。印字名称から普通に独立したタコメーターAssyを設定していたことが窺われるが、見たことは無い。黒い突起物はブザー。メーターの裏側でピーピー煩いのはこれだ。(^-^;
画像
画像


ポチッたタコメーターはステッピングモーター式。
4本の端子が付いており、PWB接続とボディー側への固定が
ネジ止めでできる。これもコスト低減手法。流石トヨタ。
今回移植に当たり、部品取りした必要な部品と現行の
トヨタマーク入りパーツ(AT表示盤)を並べてみた。
画像
画像


改造前に適度に結線し、エンジン回転への接続個所を探るため、テスト。クルマ側のECUチェックコネクター内・IGN端子からワイヤーを伸ばし、PWBのドライバーモジュール端子と狙いを定めてチョコンと触れながら、回転表示をチェック。2度目にアタリ〜!中央PWBコネクターの左から5番目がIGNパルス入力!
画像
画像


タコ表示パネルの下側へATポジションを、現行表示盤から移植するため、適度にカット。キモは重なりと表示欠け、光漏れに注意。(下)カット個所は透明になるので、黒ペイントを塗り、光漏れを防いだ。現行表示盤は裏面に貼り、取り付け時の孔と強度を確保。裏側からの文字照明が隠れない位置をチェックしながら、半月状(画像ナシ)にくり抜いて使用。薄い両面粘着テープでシッカリ貼り合わせ。現役時代のころを懐かしく想い出しながら作業した。(^^♪
画像
画像


PWB Assyがかなり大きいので、不要個所を厳密にチェックした後、ハサミでカット。
画像


完成した表示部とドライバーを入れた包。
画像


ドライバーのPWBAssyからワイヤーをメーター本体と接続し、AssyをAQUA KEMの空きボトルをカットして収納。メーター裏側に収容(適度に転がして置いた)するのでやや柔らかめなボトルは具合が良いと思った。
画像


エンジン回転(IGN)TAパルスを採るテスト用コネクター。ECUコネクターよりは、運転席前の足元より上方・手直にあるので利用した。ECUコネクターなら(ハンドルの根元付近に配置)26Pin側・左から8番目の端子がTA信号(らしい・・・未確認)。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいですね ビックリです
普通なら諦めてしまいますよね
純正のメーターなら収まりもバッチリですね
オジジ
2015/09/04 17:34
さすが、電気技術屋さんの技ですね、この記事で素人が手を出すと大変なことになりそうですが、かっこよいパネルになりましたね。
我が家のカムロードは幸いタコも付いているのでこのあたりの問題はありませんが。
レオじじい
2015/09/04 18:39
オジジさん、
比べた時は加齢の所為もあるような気がしますが、心が折れそうでした。出来上がりはマズマズです。(^▽^;)

レオじじいさん、
決して他の皆さんにはお薦めできない改造ですね。ドライブICを壊したら一巻の終わりでした。最大でも12ボルト近辺のパルスですが、調べてみると比率は不明ながら入力回路での落とし込みがタップリなされていました。(^-^;

よっしー
2015/09/04 21:39
おはようございます。
1諭吉だと後には戻れない気持ちも理解できます。でもできちゃうところがすごいです♪僕なら転売を考えると思います♪
タコメーター,良い感じですね♪
あぶ
2015/09/05 11:34
ATOM購入時から欲しいアイテムでしたが、外付けだらけになりそうで、ず〜っと探していました。ところが、メーター一式で移植できるモノが出てきませんでした。設定が少なかったのか、或は無かったのか知る由ありませんが、今回は最後のチャンスと思い、見つけて直ぐポチリました。取り敢えず移植できてホッとしております。回転数が分かると、ムダに噴かせないので、遅いATOMが更にノンビリと転がるかもしれません。(^-^;
よっしー
2015/09/05 15:31
水を差す様ですが、、
「いざ鎌倉」の時でも動作する様に
念には念でお願いします。(笑)(謝)
ノッポ
2015/09/05 20:43
失敗は成功の母ですから。100%成功なんて望むべくもありません。愛嬌でしょう。(^。^)y-.。o○
よっしー
2015/09/05 21:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ATOM(H13年・ライトエース)、手術&タコ移植 ZEUS SIDEBIKE &キャンパー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる